全建総連 北海道連 道連

全建総連北海道連合会とは

全建総連北海道連合会は、北海道の建設業に従事する仲間を守りささえるため、1967年(昭和42年)に結成されました。

 

道内に27単組が加盟(組合員数:約1万4500人)が存在し、全建総連本部(東京)や道内各地域の組合、さらに関係団体等とも連携を図りながら、北海道内での建設労働者の雇用・賃金改善に向けて職人の組織化を目指す団体として様々な活動を行っています。

 

全建総連北海道連合会の目的

  • 北海道の建設現場で働く仲間の
  • 命と健康、暮らしを守る
  • 労働条件を改善し、仕事確保と地域への貢献
  • 技術・技能の向上と後継者の育成

 

主な取り組み

組合共済・健康保険・労災保険などをはじめ、建設業に従事する仲間を多方面からサポートしています。

 

また、住宅デーの取り組みやボランティア活動などの地域に根差した活動をはじめ、国や自治体へ建設業に従事する仲間のくらしの安定・安心を実現するため、建設業の発展と環境改善を働きかけています。

 

全建総連(全国建設労働組合総連合)とは…

人間の生活で最も大切な「衣食住」のうちの「住」の生産に携わる建設職人の組合が所属する全国の県連・組合の総連合です。

 

都道府県ごとに組織された53県連・組合が加盟しています。

 

連合、全労連、全労協のいずれの労働中央団体(ナショナルセンター)にも属さない中立の産業別労働組合です。

 

あらゆる建設現場で働く全ての建設労働者・職人が加入できます。

 

全建総連北海道連合会とは

 

アクセス

062-0934
札幌市豊平区平岸4条9丁目10-20
全建総連北海道建設労働組合連合会
TEL 011-812-7732
FAX 011-832-7407
page top